2019/07/29 16:03




カルシウムがなければ 精神的にも肉体的にも様々な不調が出てきます。

 ホルモンを分泌するために脳から指令を送るための電気信号もカルシウムが関係します。
カルシウムが足りないと心臓さえ動かすこともできません。


しかし、現代の 日本人に圧倒的に不足している栄養素、それがカルシウムです。


昔に比べて農薬のせいで土壌のミネラル分が消え、野菜や牛乳からはカルシウムが摂取できないのです。
 
カルシウムを毎日十分に補給することはご自身の未来の健康のための貯金に値します

ご家族の健康のためにも毎日続けてカルシウム摂取しましょう。 

カルシウム100は市販のカルシウムサプリメントとは違います


化学的な精製はせず、自然そのままの沖縄のサンゴ化石 と貝化石カルシウムを超微粒子粉末にしています。

お子様からお年寄りまでどなたでも安全にカルシウム補給が可能な食品です



 注意)カルシウムを薬のように水で飲んだりせず、食べ物と一緒に混ぜて食べてください
理由は胃酸の強酸と結合して毒素が発生 する場合があるからです。


 摂取目安は一人当たり一日付属スプーン1~2杯です。
 多く取っても余分な分は排出されるので心配ありません。


特に 妊娠中の方や産後、授乳中の方は1日2人分(スプーン2杯)を摂取するように心がけてください
 胎児の発育促進、乳腺炎の予防、産後の抜け毛や歯がもろくなる等の予防に効果的です。
貧血の方は鉄分だけのサプリメントよりも総合的にバランスの良いカルシウム100を摂取することをお勧めします






 様々な体調不調や持病などでお悩みの方も一人当たり1日に スプーン2杯分ほど摂取するのをお勧めします。 

熱中症もミネラル、カルシウム不足から急激に増えていますので予防のためにも積極的に摂取しましょう。



【使い方】

食べ物に混ぜて食べるだけ

加熱するしないは吸収に関係ないのでどちらでも構いません。

ごはんやみそ汁などの食事や水以外の飲み物などに混ぜて摂取することで効率よく摂取できます。 

・毎朝のヨーグルトやコーヒーなどに混ぜてお召し上がりいただけます 

・お米2合に対しスプーン1~2杯を混ぜてお米を炊くとカルシウムご飯になります 

・お味噌汁にも(加えるタイミングはいつでもOK)

 ・卵焼き、焼きそば、炒め物、唐揚げ、天ぷらなどに ・ドレッシングに加えてヘルシーに